ダイエットを行なって肥満を解消|ヘルニア悪化を防ぐ

女医

睡眠時に呼吸が止まる病気

マスクをした女性

病気の注意点

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に起こる症状で、一時的に呼吸が停止してしまう病気を指します。この病気は自分自身で発見するのが難しく、一つ屋根の下で暮らす人に指摘してもらい、初めて発覚する事が多いです。放置すると予期せぬ事故や病気に繋がるため、早期発見と早期治療が求められる病気でもあります。睡眠時無呼吸症候群の注意点は、昼間に急激な眠気を感じる事であり、場合によっては運転中でも意識喪失します。気が付いたら他人を巻き込んでいる可能性もあるため、異変を感じたら専門外来を受診する必要があります。また呼吸が停止する事は体にも大きな負担をかけてしまうため、心筋梗塞や突然死の可能性も高くなるので注意が必要です。

病気に関する豆知識

症状に早く気付き治療を開始する事で、事故や大病を防げる睡眠時無呼吸症候群は、日頃の変化をキャッチする必要があります。いつもと違う違和感があると思ったら、周りの人間に相談し必要な処置を施すと良いです。通常でもいびきをかく人はいるため、いびきの有無は病気の有無と関係ないのですが、その大きさが問題となります。体が非常に疲れている時や飲酒後はいびきが多く、これらのいびきは健康上問題ないです。ただしいびきが極端に大きかったり、毎日断続的に続いたりする場合は習慣性いびきの可能性があり、進行すると無呼吸症候群になります。呼吸が停止するのは10秒以上であり、その間は脳や体に酸素が回らなくなるため異常な状態となります。