ダイエットを行なって肥満を解消|ヘルニア悪化を防ぐ

女医

睡眠時に注意

看護師

快適な睡眠

無呼吸症候群という言葉を聞いた事がある方は多いでしょう。快適な睡眠ではなく、睡眠中に呼吸が止まってしまう危険な症状です。無呼吸症候群になりやすい方は注意が必要ですが、どのような方がなりやすいのか調べてみましょう。肥満体型、お酒やタバコ、高血圧、糖尿病、暴飲暴食、中高年などなりやすい方の特徴も多数あります。また、体型やお顔の作りなどでも影響しています。肥満の方で首がない、アゴが小さい、歯並びが悪いなども原因になっています。しかし、自分が無呼吸症候群かどうかの判断は難しいです。寝室が同じ家族や同居人などに確認してみましょう。無呼吸症候群の場合には、治療される事をお勧めします。チェック項目がネットで掲載されていますのでセルフチェックもできます。

治療と効果

無呼吸症候群の診断をされた方は、治療される事が良いでしょう。タバコやお酒の量を減らす、肥満体型の改善でダイエット、暴飲暴食はやめ、良く噛みゆっくり食べる、寝方を考えるなどの対策も必要です。病院での治療の他に自己管理をされ、気をつけましょう。家族や同居人など周囲の方の協力も求めましょう。睡眠時に呼吸が止まる危険な症状です。現代病とも言える食生活が豊かになり、肥満体型の方の増加で無呼吸症候群の方が増えたとも言えるでしょう。自己診断で当てはまる項目がありましたら病院の受診やセルフチェックをしてみましょう。無呼吸症候群の方は、良い睡眠ではないので疲れが残ります。早期発見が早期治療となり、良い睡眠を得る事になるでしょう。