ダイエットを行なって肥満を解消|ヘルニア悪化を防ぐ

医者

睡眠時に注意

看護師

無呼吸症候群の方は、睡眠を取っても疲れが残り、生活に影響が出ます。ゆっくり快適な睡眠は人間にとって重要です。治療や対策をされて快適な良い睡眠を得ましょう。肥満体型やお酒、タバコ、糖尿病、中高年など当てはまる項目がありましたら注意しましょう。

睡眠時に呼吸が止まる病気

マスクをした女性

無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が停止する事ですが、昼間に急激な眠気が起こり事故へ発展する可能性があるため注意が必要です。疲れや飲酒以外で極端に大きないびきかいていたら、進行すると睡眠時無呼吸症候群になります。

強い、長い胸痛に注意

医者と看護師

心筋梗塞は、癌などと並び、三大死因と言われています。しかも原因は動脈硬化にあります。従って、動脈硬化の要因となる高血圧、脂質異常症(高コレステロール)、糖尿病、肥満、喫煙、運動不足などに気を配った、平凡な日常生活こそ最も適した予防策です。

内視鏡の手術療法の利点

肥満

内視鏡による手術療法

30年くらい前まで腰の疾患としては、腰椎椎間板ヘルニアが占める割合が、多い傾向にありました。しかし、近年は高齢化率が伸びたこともあって、腰部脊柱管狭窄症の占める割合が、多くなっています。腰部脊柱管狭窄症の問題点は、症状が進行すると、下肢の麻痺を呈することがあることです。例えば、足の感覚麻痺を起こして、熱湯でも熱さを感じなくなることがあるのです。このような強い麻痺を、腰部脊柱管狭窄症で起こした場合には、一般的に手術療法が行なわれます。腰部脊柱管狭窄症の手術療法は、後方から正中に大きく切開して、行なうことがスタンダードでした。これに対して近年は、内視鏡による手術療法が、実績を残すようになってきています。

侵襲性が少ないことが特徴

内視鏡による手術療法は、侵襲性が少ないことが特徴です。内視鏡による手術療法が、侵襲性が少ないということには、さまざまな利点が存在します。まず、手術によって切開する面積が、圧倒的に少ないために、出血を最小限に留めることが可能です。出血が少ないということは、それだけ輸血量が少なくて、感染症を少なくすることになります。輸血による感染症は、以前よりも減少しましたが、現在でも時々発生することがあります。また、侵襲性が少ないということは、それだけ社会復帰が早まるということです。社会復帰が早まるということは、医療費の削減にも繋がります。医療費の削減は、国の財政のみならず、個人の収支の面でも良い結果を招きます。

椎間板は体重が重すぎる事によって常に圧迫される状態になります。できるだけ腰に掛かる負担を軽くするためにも、ダイエットを行なって肥満を解消すると良いです。肥満は身体にとってさまざまな悪影響を及ぼします。椎間板ヘルニアを悪化させないためにも積極的にダイエットを行ないましょう。